古物商許可申請

【安心】プロ行政書士が教える古物商許可申請の必要書類の作り方!

更新日:

これで安心!プロが教える古物商許可申請の必要書類の作り方

古物商許可に必要な書類は以下の通りです。

今日は、古物商の許可に必要な書類について詳しくご説明します!

古物商の申請には、以下のような書類が必要です。

書類の作成になれていない方のために、これから詳しく説明しますのでご安心下さい。

それでははじめましょう!

古物商の許可に必要な書類

の許可は、個人でも法人(会社)でも取得できます。まずは、この記事では個人で申請する場合の解説をします。

法人の場合は、以下の記事をご覧下さい。

法人の申請書類の創り方 記事作成中

古物商許可申請に必要な書類(個人)

  • 個人許可申請書
  • 住民票
  • 身分証明書
  • 登記されていないことの証明書
  • 略歴書
  • 誓約書
  • 賃貸借契約書
  • 使用証明書
  • サイトを持っているならURLを届ける書類
  • ※必要書類は警視庁のHPからダウンロードできます。

古物商許可申請書の書き方

古物商申請書を記載します。提出は正副2部。書き方の参考例とは、兵庫県のものですが、東京都、大阪府の雛形をお付けしますのでお使い下さい。

全国的に申請書の様式はほぼ同じですが、一律で記載できるのでそのまま書き写してください。

各書類の作り方

住民票は市役所(区役所)で取ります。

身分証明書は本籍がある戸籍課にいかないととれません。

登記されていないことの証明書は法務局です。

略歴書には、直近5年間の職歴を記載します!書き方は、

記載例

平成15年4月から平成30年2月 株式会社サクセスファン 営業事務職

現在に至る

雛形はこちら

誓約書、以下の雛形(WORD形式)を使って下さい。

最後にまとめ

今日は、古物商許可の申請書類の作成方法をお伝えしてきました。

いかがでしたでしょうか?

頑張ってチャレンジしてみてくださいね。

もし、面倒になった時は、当事務所にお任せ下さい!

古物商許可のお問い合わせ

-古物商許可申請

Copyright© 古物商許可代行ならサクセスファン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.