古物商許可申請

古物商許可申請に必要な書類とその一覧表&ダウンロード

投稿日:

古物商許可申請に必要な書類とその一覧表&ダウンロード

古物商許可申請の必要書類

1.古物商許可申請書

全国の警察署にて書式が決まっております。

2.住民票

住所地を管轄する市役所等で発行されます。発行手数料は、各自治体により違います。だいたい300円~400円くらいです。お忙しい方は、郵送での取寄せも可能です。詳しいことは、各自治体の住民票の窓口までお問い合せ下さい。

  • 発行後3ヶ月以内。
  • マイナンバー記載のないもの

3.身分証明書

本籍地で発行されるもの。当事務所が代って取得できます。また、有効旅券で切替申請する場合、氏名・本籍地に変更がなければ不要です。

4.後見登記されていないことの証明書

 

5.略歴書

 

6.誓約書

 

7.URLの疎明書類

ホームページを作る場合に必要です。ドメインを取得したことを証するために必要で、契約書・ドメインの所有権が表示されたパソコンの画面のコピーなどがこれにあたります。各警察署の担当者に詳細はお尋ね下さい。

8.その他の書類

 

 

古物商許可申請では、上記の法定書類以外の書類が管轄警察署により微妙に異なります。(いわゆる”お願い書類”)

  • 法定書類のほか
  • 顔写真
  • 営業所の見取図
  • 保管場所の見取図
  • 営業所の権利書
  • 保管場所の権利書
  • 営業所の登記簿謄本
  • 保管場所の登記簿謄本
  • その他誓約書等

を求められる場合があります。そのために警察署へ事前確認が必要です。

許可申請書(別記様式第1号その1(ア)からその3までの必要部分を正副2通(副はコピーでも可))

必要書類 個人許可申請 法人許可申請
書類
記載例(PDF)
書類
記載例(PDF)
別記様式第1号その1(ア)
別記様式第1号その1(イ)※1 ×
別記様式第1号その2 ※2
別記様式第1号その3 ※3

※1 役員の継続用紙です。1枚で3名記載できますので必要な枚数を使用してください。代表者1名の法人の場合は必要ありません。
※2 営業所に関する記載事項です。複数の営業所がある場合は、その数だけ必要です。
※3 ホームページ等利用か否かの事項です。

添付書類(許可申請書の正副に添付してください。(副はコピーでも可))

※ 下線がある文字をクリックすると当該書類の説明が表示されます。
※ ○は必須、△は該当する営業形態の場合のみ必要です。

必要書類 個人許可申請 法人許可申請
法人の登記事項証明書 ×
法人の定款 ×
住民票
本人と営業所の
管理者

監査役以上の役員全員と営業所の
管理者
身分証明書
同上

同上
登記されていないことの証明書
同上

同上
略歴書
同上

同上
誓約書
同上

同上
URLを届け出る場合は、プロバイダ等からの資料のコピー

本人以外が申請書を提出する場合は、委任状が必要です。法人申請の場合は、社員証等、社員であることを証明するものを持参してください。ただし、営業内容等について答えられる方でお願いします。

古物商許可のお問い合わせ

-古物商許可申請

Copyright© 古物商許可代行ならサクセスファン , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.